読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかのひともアンケートのお題に答える その1

 人様に答えさせておいて、自分は答えないのはどうかと思うので出してみます。他はまとまらないので、その2で。

 ■好きな曲ベスト3

1.君の笑顔 僕の笑顔
 「君」は「自分」だと投影して聞けるので、とても元気が出ます。しょんぼりして下を向いていると、斜め下から覗き込んで語りかけてくれてるような気さえします(妄想)。まっすぐ正面から励ましてくれる曲も好きなんだけれど、個人対多数へのメッセージに聞こえたり、熱すぎて逆効果になったりするんです。いつまで経ってもあまのじゃくだなって我ながら思うのだけれど、これくらい少しひねりがあると身構えてる間もなくすっと入っちゃう。

 これを書くために歌詞を読み直してたんだけど「ここらの穴」「心の花」で韻を踏んでるじゃないの!

 それにしてもシングル作品としても「君の笑顔 僕の笑顔」はバランスがとても良いと思っています。「Miseries of life」が中2で、「つかめ輝きを」がアイドル風で、タイトル曲はどっちも併せ持つ曲だよ。変な分析し始めると一人で楽しくなってきたけど、恐ろしい子!!!みたいになりそうなのでやめておきます。
 この曲、雑に表現すると「Perfumeっぽい」だけど、どの曲っぽいのか聞いてみたりしたけど、この曲に含まれているカラフルでキラキラした感じ*1とはなんだか違うんですよね。ううむ。

 

2.未来スケッチ
 「ハロー・グッデイ」と悩んだ後にこっちに。ゆっくり静かに背中を押してくれるような雰囲気を持った曲。

 

3.Star Fanfare
 剣と魔法の龍のファンタジー世界!もしくはロールプレイングゲーム!儀式へようこそ!みたいな!(てきとう)この歌詞を産んだひとありがとう! 

 

■好きなキャラベスト3
 入りが中高生男子だったので、中高生男子の役が特に好きです。ショタです(まがお)。裏返りかける声が大好物なので、ももくんはそれが頻出で楽しかったです。でも抑えた低めトーンも好きなんだな。ただし、ランキングは違う。

1.志島 大地DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION
 オーディションでのぶひこさんの時、ダイチをやったらブースの外でスタッフ陣が爆笑したらしいんですよ。おもしろくて笑ったんじゃなくって、彼らのイメージしているダイチ像そのまんまのダイチだったから、とのことです*2。ほんともうこれで岸監督(とシリーズ構成・脚本の上江洲さん、音響監督の飯田さん)チームがまるっと好きになりました。
 召喚できた悪魔は弱くてひたすら「オレの悪魔よっええええ!!!」と言ってて、召喚したヘケトにはムリムリ!とまでやられたのがとても楽しかったです。あのシーンはほんとお腹抱えて笑った。最後の方、親友であるヒビキのピンチにじゃあくフロストを召喚したのには深夜にも関わらず「えええええええええええ!!!」と大声で叫んで笑って泣きました。
 スタッフ陣がその男気に「ダイチさん」とさん付けで呼ぶくらい、本当に友達想いのいいやつです。勉強できないけど(笑)。

 余談ですが、これのイベントで初めてアニメ関係のイベントに行ったのでした。

2.赤羽業暗殺教室
 人一倍の努力の上で成立しているひと。
 殺せんせーを殺すか殺さないかでクラスが二分される話。原作を読んでここのお芝居が楽しみで仕方なかったです。このアフレコの時の言い方にとてもイラッとしたと渚役の渕上さんが言っててにやりとしました。

 原作を読んでいて、ジャンフェス公開のアニメ*3でカルマ役と聞いた時にとてもうれしくて、アニメ化の時、スタッフが前述の岸さんチームで続投であることを願いました。お願い岸さん!とか言ってた。そしたらたぶん唯一の変わらなかったキャストでとてもうれしかったです。そして同じようなことを原作の松井先生もおっしゃってて、握手したい気分でした。

3.神郷 慎PERSONA -trinity soul-
 今でもこの作品の頃の話をするということは、それほどたくさんの経験をしたのかなあと思うのと同時に、自分の始まりの作品でもあるのでうれしいと思ってしまいます。
 家族想いで、友達想いの彼は、あの後も幸せに生きているといいな。

 次点はオビ(赤髪の白雪姫)かなあ。これはKindleのセール*4で原作をアニメ終了後辺りから最新巻まで読んだからだ。きっとそうに違いない。でもさあ、ゼンとオビのあのシーンとかあのシーンとかアニメで見たいので続編を何卒!あとももくん(ももくり)も好きだし、つい最近だとベル(龍の歯医者)も最後のモノローグがとてもよかったです。ベルとの別れ際の野ノ子の顔、ぶっさいくでかわいかったなあ。

*1:それこそキラフェス2016でのパジャマ衣装のように

*2:該当アニメのDVD1巻のオーディオコメンタリーでその話をしています

*3:後に単行本の特装版DVDに収録

*4:白泉社のコミックスを買うとポイントで半分返ってくる